もしかして心筋炎!?ワクチン接種後に心臓痛、動悸、息切れになった体験談【第13話】

心エコー当日

モニターはどう頑張っても見えないけど…赤ちゃんのサイズを測っている時にのような音がする

結構時間かかってるな…あ、心音?ムスメ連れてこなくてよかったー

「みずたまさーん次回ですが…」「はいっ!」(今日は結果聞けないのか…)

検査翌日(今日は違う先生なのか…)「うーん…そうですねぇ、心エコーの結果にも心筋炎と思われる症状は見られないですね…

「弁に腫れぼったい箇所があるにはあるんですが…」「腫れぼったい箇所!?」

次回に続きます。

マスクは省略しています。

 

検査技師さんのいる日に出向いて心エコーをしてもらいました。

心臓のエコーは初めてでしたが、30分前後くらい、かなり時間をかけての検査なんですね。

マンガのとおり体勢的に密着する形になるんですが、ものすごい集中力で検査してくれているのが背中から伝わってきて…。

30分も静かにできないであろう娘を夫に預けてきて正解だったなと思いました。

結果はその日にわかるのかと思いきやまた翌日に出直しになり、(おそらくコロナ禍の分散来院予約の影響?)7月下旬〜8月の猛暑が続く時期にエコーの日以外は娘のベビーカーを押しながら通っていました。

猛暑の中ベビーカーを押しながら電車と徒歩で、動悸がすごいのでとてもゆっくり歩いて向かい…そして15分くらい待合室で呼吸が整うまで充分休憩してからの血圧計測定なのに、毎回高い脈拍を記録。

看護師さんに驚かれるという状況でした。

最後のコマの医師の「弁が腫れぼったい」の一言には、思わず動揺してしまいました。

先生のおっしゃる通り心筋炎じゃなかったとしても心臓でほかの何らかのエラーは起こっているかも知れず…。

この日も本当に苦しい症状が続いていたので、何かしらのエラーが起こっていないはずはない。とは思っていたけれど…。

いざ判明すると不安で心配でたまりませんでした。

ただ今回の医師はいろんな考察や可能性レベルの情報もたくさんお話ししてくれるタイプの、頼もしい心臓の専門医の方で、とても安心感がありました。

中には不安を与えかねない情報もあるわけで…ただたくさん教えてくれればいいというわけでもないのでしょうが、ここは結局は医師との相性があるものなんでしょうね。

しっかりと慎重に言葉を選びつつたくさん情報共有してくださる、どちらかというとおしゃべりなお医者さんの方が私にはあっているようです。

この記事を書いた人
みずたま

2歳の娘を育てる主婦。
就活と保活の同時進行ができずに失敗後、3歳から働く事を目標にじわじわ準備を進めたり休止したり。
共働き子育てに向けて心の準備や理想の暮らしについて模索しています。
このブログでは、子育てのことを中心に自分にとってちょうどいい暮らし方を追求したことを備忘録的に書き綴っています。

みずたまをフォローする
Rakuten room
ブログで紹介した愛用品や気になるアイテム Rakuten Room

連載中漫画
新型コロナワクチンで心筋炎?心臓痛、息切れ、動悸になった体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画つき記事
スポンサーリンク
みずたまをフォローする
Lagom