災害用非常トイレはNewsorb高吸水性樹脂1kg買いがコスパ優秀でおすすめ

高吸水性樹脂Newsorbパッケージ

災害時の非常用トイレに使える凝固剤「Newsorb(ニューソーブ」を紹介します。

もしもの時のトイレの備え、どうしていますか?

この記事にたどり着いてくれた方ならきっと防災についての意識も高く、30回分くらいがセットになった非常トイレのセットを準備している方は多いのではないでしょうか?

これもいいアイテムだとは思うのですが、結構お高いので充分な回数分用意するのはお財布的にも大変。

30回分をたった一箱だけだと3人家族だと2日分ももたないわけで…。

でも実際に大規模災害が起きてしまうと、断水が数日間で復旧というのはほぼありえないのです。

例えば阪神淡路大震災の時の筆者が住んでいた地域の場合上下水道復旧までに約1ヶ月ほどかかっているため、その間の最低限下水道が使えるかどうかが確認できるまでの間の非常用トイレは確保して置きたいところです。

そこでおすすめしたいのが、1kg単位でまとめ買いできる凝固剤を使う方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

災害用非常トイレはセット買いだと結構高価

筆者がNewsorbを買う前に用意していたのがこの非常用トイレ30回分なのですが、家族全員分を揃えるとなると結構高額になる上に保管場所もとってしまいます。

この商品のように一般的な非常用トイレの内訳は凝固剤とビニール袋が1回分ずつ個包装になっているという仕様。

ならば、これを自分たちで自作してしまおうというわけです。

Newsorbってなに?

Newsorbとは何か…?品名には高吸収性樹脂とあり、成分は「ポリアクリル酸ナトリウム」と書かれています。

用途を見ると水分だけではなく血液や土なども固められるんですね。

Newsorbの成分と用途

「ポリアクリル酸ナトリウム」は、身近なものだと生理用ナプキンや紙オムツ、保冷剤、芳香剤、ローションなどに使われている安全性の高い食品添加物とのこと。

実際にNewsorbで水を固めてみた写真がこちらです。

Newsorbで水を固めた様子

この既視感…ケーキやアイスにつけてくれるあの保冷剤の中身ですね。

大体500mlくらい?の水をたらいに入れ、ペットボトルのキャップ1杯分くらいのNewsorbを振り入れて混ぜながら1分くらい経つとこうなりました。

 

Newsorb1kg入り2袋とBosの防臭袋Lサイズ90枚入り

筆者の用意しているのはNewsorbの1kg入りを2袋です。これにBosの臭わない袋や便器に被せる大きさのゴミ袋(45リットル)を組み合わせて使います。

Newsorbを非常用トイレとして使う具体的な方法

実際に非常用トイレとして使う方法もまとめておきます。

まず、「Newsorb」と合わせてトイレにかぶるサイズの袋と防臭袋を用意します。

45リットルゴミ袋とBosの防臭袋2箱便器に被せるための大きさと言われてもよくわからないとは思いますが、普段ゴミ捨てに使われている大きな袋(40〜45リットルサイズ)くらいあれば大丈夫です。

  1. この大きな袋を予め2枚くらいトイレにかぶせて固定しておく
  2. 使うときにもう一枚被せて用を足す
  3. 「Newsorb」をペットボトルのキャップ1杯程度を混ぜてゴミ袋をとじる
  4. 別途に用意したBosの防臭袋に入れ1日分貯める
  5. ごみ収集の復活や仮設の回収場所の設置があるまでゴミ集積所またはベランダ、庭などで保管

※排便の場合は都度Bosの防臭袋で密封します

そして袋の色。排泄物用なので内容物が見えないように黒にするか迷いましたが…。

普段からプラごみに使える半透明のものにしてこちらもローリングストックできるようにしました。

ビニール袋も長期保管となると劣化してきそうな気もしますし。

とはいえ排泄物用なので内容物を直視したくないし家族でもみたくないしみられたくない…とというのが正直なところ。

なると、黒いゴミ袋がベストだとは思います。

でもそうすると今度は健康状態の確認がしにくくなるので難しいところですね…。

実際は災害時にそんなことまで気にしていられないかもしれませんが、医療機関にかかるハードルが上がるうえにただでさえ強いストレスがかかる時だからこそ、おしっこに血が混じっていないのか、便が黒くなっていないかのチェックはとても大事かなと。

災害関連死は衛生環境の悪化でも起こりうることですし、そんな非常時だからこそ、体調の変化には注意しておきたい所です。

結局は好みや考え方にもよるとは思いますが…。

筆者はローリングストック可能なことと健康チェックのことを考えて半透明に。その代わりさらに匂いを抑えるための防臭袋に入れることにしました。

災害用トイレで排泄後の保管はどうするか?

トイレの防災を考えるとき、災害用トイレに用を足した後のことって考えた事ってありますか?

災害時は交通の麻痺と同時にゴミの収集も止まってしまうため、仮設のごみ収集場が設置されたり収集が再開されるまでは庭やベランダなど家のどこかに保管することになります。

そして排泄後のにおいの問題は排便時だけではなく尿の場合も注意点があります。

これは娘のおむつ用ゴミ箱の悪臭問題に直面した時に知ったんですが、おしっこだけを吸収したオムツも密封して保管するとめっちゃ臭くなるんです。

その使用済みおむつの匂い問題に直面した時に書いた記事がこちら↓

【出産準備】オムツ専用ゴミ箱は必要?買ったけどBOSのおむつが臭わない袋に戻った話
出産準備中や離乳食開始のタイミングで「ちょうどオムツ専用ゴミ箱の購入を迷っているところ」 「でも、そもそもおむつ専用のゴミ箱って必要なの?」 …こんな感じで今まさに経験談などの情報を集めている方に向けて、「密閉型オムツ専...

おしっこだけだとなんとなく排便時よりはマシのように思うかもしれませんが、密閉して保管した尿の匂いって時間が経つと結構な刺激臭に変わってしまうのです。

その刺激臭に変わるまでの期間というのも、1週間放置したとかではなくゴミの日までのたった数日間密閉するタイプのおむつ用ゴミ箱に置いておいただけの話なんです。

今思い出しただけでもクラクラしますが…密閉性の高いオムツ専用ゴミ箱の蓋を燃えるゴミの日に開けて取り出す度に咳き込みすぎて吐きそうになるくらいの刺激臭でした。

匂いを防ぐために買ったはずのおむつ用ゴミ箱なのにむしろニオイがひどくなる…。

ひどい異臭に困り果ててたどり着いたおむつの匂い解決方法が、「新聞紙に包んで密閉じゃない普通のゴミ箱に捨てる」という方法でした。

ただし、これは通気性に優れている「紙オムツ」なら有効な方法であって、「Newsorb」を使った排泄方法の場合、トイレにかぶせたゴミ袋に排泄するため当然ビニール袋で密封した状態になります。

じゃあゴミ袋に密封して二度と開けないんだから臭わないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、これが普通のゴミ袋だと匂うのです。生ごみをそのままゴミ袋に入れておくと匂うのと同様に。

しかも時間が経って刺激臭に悪化してしまうという困った状態になってしまいます。

じゃあどうすればいいかというと、おしっこの時もできればBosのおむつが臭わない袋に入れてしまえばそれがベストだと思います。

ただ、Bosのような防臭袋は1枚当たりの単価がお高いので、家族全員分毎回使うとなると今度はコストが気になってきます。(予算に余裕のある方ならBosの防臭袋を大量に用意してシンプルに都度使いが一番いいだろうと思います)

なので、家族に人数的にも予算的にもBosの袋を都度使いするのはちょっと…という場合は、刺激臭に変わってしまわない程度にひとまとめにしたものを例えば1日分毎にBosの防臭袋(大きいサイズ)にまとめてしまうという運用でもいいんじゃないかと思います。

正直なところ、災害時の優先順位のことを考えると「トイレの異臭」まではノーマークというか…どうしても優先順位を下に考えてしまうというか…。

「災害時なんだからそこまでの贅沢は言っていられない」と思うものなのかもしれません。

だけど、実際に阪神淡路大震災で早朝からトイレに困った経験をした筆者としては、「トイレの臭いや衛生問題は防災の優先順位上位だよ」と言っておきたいと思います。

阪神淡路大震災の時の避難所のトイレ事情
当時は着の身着のまま避難所に身を寄せて電気が復旧するまでの2週間を過ごしたのですが、早朝で寝起きだったのでとにかくトイレに行きたくて。でも家のトイレは断水でタンクに溜まっていた最後の水も父が使ってしまい以降水が流れない状態に…。避難所に向かう途中に限界がきて消防署のトイレを借りることに。するとすでに十人前後の列ができていて、順番が来たので中に入ると和式トイレには排泄物の山が…。次々に人が出入りしていたのでてっきり流せているのかと思いきや、みんなやむをえず水が流せていないトイレに次々に用を足していたのです。筆者も限界を超えていたのでやむなくそのトイレで用を済ませたけど…今でもトラウマになっている衝撃的な体験でした。その後避難所でのトイレはどうだったかというと、避難所に集まったケガのない動ける人たちを中心にみんなで近くの川からバケツリレーで水を汲み、トイレ用の水を確保しました。そして災害直後に排泄物まみれになってしまっていたトイレは有志の方々が手で取り除いて詰まりを解消し…。個室にバケツを設置し、用を足した後は川の水で流すという仕組みや使用のルールを作ってくれていました。当時中学生だった筆者はバケツリレーへの参加のみでしたが当時あの恐ろしく不衛生な状態のトイレを掃除して復旧させてくれた大人たちがいてくれたことを今でも感謝しています。

ということで、非常時の全員が余裕がないときの不衛生なトイレは心身に容赦なく追い打ちをかけてきます。

衛生面でも感染症などがとても心配。災害時のトイレ対策は本当に本当に大事です。

令和の今は阪神淡路大震災の頃よりはかなり防災意識が高まっているはずなので、筆者の体験談のようにひどくなることはないかもしれませんが…小さいお子さんがいる家庭なんかは特に気をつけてあげたいですね。

2週間の避難所滞在後は自宅に戻っての在宅避難。

高層の集合住宅住まいだったために重い水を持って給水車から自宅までの10階以上ある階段を何往復もするという試練も待っていました…。

もし災害用トイレがなくても水で流す方法があるにはあるんですが、水汲みは本当に大変ですし、災害直後は給水車から配られる水の量にも制限がかかります。特に人口の多い都市部では「一人数リットルずつまで」などの制限の中で飲み水や食事用の水なども賄うことになります。

なので防災用トイレがあれば、給水車の水は食事や洗濯用に使えるので全てを賄うよりはかなり楽になるはずです。

人口の多い都市部住まいで高層階に住んでいるという方は特に、災害時の断水対策は抜かりなく。をおすすめします。

【おまけ】Newsorbのトイレ以外の活用方法

ちょっと臭い話がつづいてしまったので、ここで一旦いい香りの話を…。

今回「Newsorb」を固める実証をして、写真におさめた後の凝固水(?)をただ捨てるのも勿体無いので手作り芳香剤を作ってみました。

「Newsorb」で水を凝固させたものっていわゆる「置き型ファ◯リーズ」の中身のベース部分だそうで、今回は口の大きな小瓶に入れ、ハッカ油を混ぜて下駄箱の消臭にしてみました。

ハッカ油は防虫効果もあるので、夏場とか玄関やベランダ近くに置いても良さそうですね。瓶に入れたNewsorbとハッカ油

 

まだまだあるので、もうひと瓶にアロマオイル(今回はベルガモット)を混ぜてリビングルームの芳香剤にしてみました。

瓶に入れたNewsorbとアロマオイル(ベルガモット)

 

 

また、「Newsorb」で水を凝固させたものは保冷剤の中身でもあるということで、まだまだ余っていた凝固水をIKEAのジップバッグに入れて凍らせてみました。

Newsorbとジップバッグで自家製保冷剤

冷凍庫の中でうまく平にできなかったけど…15cm×15cmくらいの大きな保冷剤が簡単にできました。

「Newsorb」で作った凝固水を凍らせて保冷剤に

アウトドアなどで急遽保冷剤がたくさん欲しい!とか、急に高熱が出てしまったけど保冷剤切らしている…!なんて時にも「Newsorb」が活躍してくれそうです。

湿気に弱い製品なので保管方法にはご注意を

これは単純に筆者の失敗談なんですが…保管場所がよくなかったせいか恐らく他の箱物の角が当たって袋に穴が空いてしまいました。

(購入から1年ちょい経った頃にブログ記事を書くためにチェックしたらこうなっていた…)

袋に穴が空いてしまったNewsorb

このアクシデントがあったため飛び出てしまった粉で先の水を固めてみる実証ができて、写真も撮れて、注意喚起もできたので…結果オーライ…かな?

でも1kgもの量が1袋にまとまっているので万が一このまま水に浸かってしまっていたら大惨事だったかも…。この辺が大袋まとめ買いの最大のデメリットでもありますね。

地震の揺れでものが落ちてくることも想定の上、高い所には置かないとかくれぐれも保管方法にはご注意くださいませ。

ジッパーバッグに入れたNewsorb

↑この後無事だった左側もジップバッグに入れ、さらにダンボール箱に入れました。これで地震の揺れでしっちゃかめっちゃかになってもある程度は大丈夫になったかなぁと思います。

災害用トイレは「Newsorb」で自作がコスパ◎な話まとめ

セットで売られている災害用トイレはあらかじめセットになっているだけあって防臭についてもしっかり考えられているだろうし、便利で使い勝手もいいと思います。

なので、匂いのこととか自作だとめんどくさそう…と思う人はセットになった災害用トイレ一択ですね。

ただ、上下水道復旧までに長期間かかってしまった場合のことを考えると結構たくさん用意しないと足りなくなるのでお高いのかなと…。

 

もしか首都圏で都市型の大災害が起きてしまったら。

阪神淡路大震災では上下水道復旧までに約1ヶ月だったけれど、約3000万人が暮らす首都圏…特に一都だけで約1500万人もいる東京で、大規模なライフラインストップと交通麻痺による長期間の物流ストップになってしまったら…。

人口の多さゆえに上下水道復旧までの期間は1ヶ月どころでは済まない可能性が高いと個人的には予想しています。

そうなるともう自助しかないですよね。

特にトイレは非常時だろうが止めることができない災害時に真っ先に困る生理現象で、筆者は実際に阪神淡路大震災でトイレが一番困りました。

現在はトイトレが完了しつつある3歳の娘もいる中で詰むわけにもいかないなということもあって、トイレの防災についてはより具体的にしっかりめに用意しているというわけです。

ということでこの記事で伝えたかったことをまとめると…

  • 災害用トイレは凝固剤「Newsorb」の1kg買いプラスゴミ袋の組み合わせがコスパ良し
  • 断水が長期化することも考えて災害用トイレは多めに準備が吉
  • ごみ収集が止まることも視野に入れ捨てる時の臭い対策も抜かりなく
  • Bosのオムツが臭わない袋(防臭袋)は超優秀(赤ちゃんのおむつ処理問題で実証済)
  • 都市部(特に高層階)住まいの方は特に断水・トイレ対策を手厚めに

在宅避難中に断水が想定以上に長期化してしまった時でも比較的安価にトイレの手段を確保する方法として、凝固剤「Newsorb」を1kg買いして災害用トイレを自作する方法を紹介しました。

この記事の内容が防災アイテムの見直しのお役に立てたら幸いです。

 

 

防災関連記事

【防災】セリアのマスクケースをコンパクトな「マイ救急箱」として使うアイデアを紹介
100均のマスクケースを使ってちょっとした救急箱を作る収納アイデアをご紹介します。 今では欠かせなくなったマスクとひとまとめに手軽に持ち出せるし材料費もお手頃。防災アイテムの見直しにいかがでしょうか…? もしか気に入った...
災害時の停電の備えに何が必要?被災経験者が揃えているアイテム8つ
阪神淡路大震災の被災経験、東日本大震災での帰宅困難者になった経験のある筆者が災害時のブラックアウト対策に準備しているアイテムをご紹介します。 今回リストアップしているのは、ランタンやLEDライトなどの光源アイテムやモバイルバッ...
【防災】断水・停電時の洗濯方法決定版!「マグちゃん&ジップバッグ」で超節水洗いのススメ
阪神淡路大震災で約1ヶ月の断水を経験した筆者がたどり着いた「長期断水時の洗濯方法」についてご紹介します。 防災の備えを考える時、「洗濯」って意外と盲点じゃないですか?真っ先に考えるのはやっぱり飲料水や食事のことになりますよね。...
キャンプベストで防災ベストを自作!震災経験者が選んだ非常持ち出しアイテムとは?
阪神淡路大震災で避難所生活の経験がある筆者が、災害直後に必要なものだけを厳選! 季節を問わず着られて普段使いもできるキャンプベスト(焚き火ベスト)で防災ベストを自作するアイデアを紹介します。 筆者は子育て中なので、小さな...
【RAV Power RP-PC005レビュー】曇り時々晴でも充電可! 24Wソーラーチャージャー
防災アイテムにおすすめ!晴れ間の少ない秋の日の充電でも実用レベルの充電ができた、24W/3ポート出力のソーラーチャージャー「RAV Power RP-PC005」の使用感、口コミを在宅避難の視点でご紹介します。
災害時マキタのコードレス掃除機ユーザーならUSBアダプターでスマホの充電ができるよ!ADP05レビュー
毎日お掃除で普段使いしているマキタのバッテリーを非常時の大容量バッテリーに変身させることができる、私にちょうどいいガジェットに出会えました。 ADP05があることで殆どのUSB対応アイテムにもマキタのバッテリーが使えるようにな...
娘の誕生で見直し!震災体験者が考える子育て世帯の防災対策とは
子育て世帯の防災対策は自分で対処できる大人だけよりも考えることが増えますよね。自身の阪神淡路大震災の被災体験を振り返りながら、娘の誕生をキッカケに改めて防災対策を見直してみることにしました。
この記事を書いた人
みずたま

2歳の娘を育てる主婦。
就活と保活の同時進行ができずに失敗後、3歳から働く事を目標にじわじわ準備を進めたり休止したり。
共働き子育てに向けて心の準備や理想の暮らしについて模索しています。
このブログでは、子育てのことを中心に自分にとってちょうどいい暮らし方を追求したことを備忘録的に書き綴っています。

みずたまをフォローする
Rakuten room
ブログで紹介した愛用品や気になるアイテム Rakuten Room

連載中漫画
新型コロナワクチンで心筋炎?心臓痛、息切れ、動悸になった体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし防災
スポンサーリンク
みずたまをフォローする
Lagom