母乳が出にくい三重苦な私の混合育児開始から卒乳までを振り返りました

「帝王切開で出遅れた母乳スタート×伸びが悪い乳頭×母乳が出にくい体質」という三重苦だった私がその後、母乳を何ヶ月まで続けて、いつ切り上げる事になったのか…。

授乳を終えた今、時系列で経過を振り返ってみることにしました。

↓の記事にて苦労して混合育児までこぎ着けたことを紹介したんですが、(長文です)

帝王切開後の母乳スタートはやっぱり不利?混合育児に落ち着くまでにやった事
帝王切開後は母乳が出にくいらしい… 逆子が治らなかったため、私は帝王切開での出産になりました。 同じく帝王切開経験者の姉からは… 帝王切開はおっぱいがなかなか出ないからしんどいよ〜。 とは...

母乳に関してはほんっっっとうに出産後2番目くらいに苦戦した事だったので(1番は帝王切開の傷の痛みからの回復かな…)、混合育児に落ち着いた後〜卒乳までの経過について、日々記憶が薄れていく自分のための記録もかねて、改めて書き記しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1ヶ月め】やっと乳頭保護器を卒業

別記事「帝王切開後の母乳スタートはやっぱり不利?混合育児に落ち着くまでにやった事 」でも書きましたが、乳頭の伸びが悪くて赤ちゃんのお口がすべってしまうが為に咥えさせるのに大苦戦しました。

「母乳相談室」の哺乳瓶の乳首をイレギュラー的に乳頭保護器として使う方法を助産師さんから教わり、続けていました。

しばらくはこの方法で母乳量を維持できていたんですが、1ヶ月目も後半のある日を境に乳頭保護器をつけていると真空状態で余計に傷がつくようになってしまいました。

おそらく原因は乳首が柔らかくなってよく伸びるように変化したためでした。

柔らかく伸びるようになったのはよい兆候であるものの、保護器を付けたことによる痛みに耐えられない…。

このタイミングで直母を挑戦しました。すると右は3週間目、左は丸1カ月ほどで卒業できたのでした。

この時期は搾乳器も併用していたし、保護器をつけていた間も、外した後もこの時期はずっと「痛みと寝不足との戦い。」でした。

そして痛みの割には量も足りないままなのでモチベーションも下がり気味。「もう母乳は諦めようか?」と何回も頭をよぎり…帝王切開の痛みに耐えながらタクシーで民間の桶谷式母乳相談室にも駆け込み…。精神的にギリギリの状態だったと思います。

【2ヶ月目】生傷絶えず、ミルク多めの混合ながらも授乳のペースがつかめてきた

左右ともに保護器なしで授乳ができるようになって乳頭保護器の洗浄・消毒の手間からは解放されたものの、痛みはまだまだ続いていました。

裂傷や血豆が完治する前に次々とできる状態…。当時はこの負のスパイラルが無限に続くかのように思え、モチベーションは底辺まで下がっていました。

流血の度に搾乳機で休めたり、粉ミルクに頼ることを繰り返していたことから、傷を休めるたびにせっかく増えてきた授乳量が元に戻るの繰り返し…。

2ヶ月目の前半が一番精神的にも体力的にもしんどかったかもしれません…。

後半は、「ランシノー」を厚塗りするケア方法に出会ったおかげで、流血の頻度が減ってきたし、少しずつ授乳のペースがつかめてきました。

【3ヶ月目】お互いに成長し、ようやく流血ナシに

乳頭がより柔らかくよく伸びるようになったことと、娘のお口が成長と共に大きくなってきたことも加わり(たぶん咥え方もうまくなってきた)、3ヶ月目にさしかかった頃には初めて左右ともに傷がゼロになりました。

1ヶ月前までは想像もできなかった痛みゼロの授乳…。

3ヶ月目にしてようやく辿り着けたと同時に、帝王切開で授乳が遅れた事以外にも身体的に不利な条件が揃いすぎていたんだなという事を改めて思い知りました。

3ヶ月目の時点で母乳量は必要量の半分程でしたが、痛みからの解放でやっと「授乳の幸せ」を感じる事ができました。

【4ヶ月目】授乳で寝てくれるようになった

少しずつ母乳の量も増え、毎回ではないけれど母乳をあげている最中に寝落ちしてくれることが増えてきました。

「寝落ち=満腹のしるし」という事が嬉し過ぎて、よりいっそう授乳の喜びを噛みしめることができました。

この頃通っていたデイケアにて、常駐の助産師さんに母乳指導もしていただいていたんですが、

うんうん、母乳よく出るようになったね。乳頭も最初の頃よりだいぶ柔らかくなって伸びも良くなったし、よくここまでがんばったよ〜。

と褒めてもらうこともできました。

【5ヶ月目】授乳で骨粗鬆症?母乳で寝かしつけが定番になったのに、今度は骨がキシキシ痛みだす…

5ヶ月目になって母乳の量は着々と増えているのに、それよりも上回るスピードで増えていく娘の飲む量に追いつく事は叶わず、相変らず混合のまま。

だけどこの頃になると毎晩のように授乳で寝かしつけをするようになっていました。

寝かしつけを夫に代わってもらえないしんどさはあったけど、「授乳できるのは今だけだから」と幸せをかみしめながら頑張っていました。授乳によるオキシトシン(幸せホルモン)の恩恵もたっぷり受けていたと思います。

ただ、このころから授乳する度にだんだん膝がキシキシ痛むようになっていました。

4ヶ月目の後半くらいからうっすらその兆候はあったんですが、だんだん抱っこの度にしゃがんで立ち上がる動作が辛くなっていて、授乳を重ねるたびに痛みが増していくようでした。(そして当時「授乳で骨粗鬆症になる事はあるのか」が知りたくてネットで調べてもそれらしき記事が全然ヒットしない…。もしかして私だけ?という不安もよぎりました)

そろそろ離乳食をはじめる時期だし、これ以上母乳量を増やすのは諦めようかなと考え始め、授乳の回数も減らしはじめました。

【6ヶ月目】遅めの離乳食スタートを機に卒乳→ミルク&離乳食の混合に

骨に響くような痛みがピークに達しどうにもならなくなってきたので、5ヶ月後半からの遅めの離乳食開始から数週間後の生後6ヶ月めに卒乳する事にしました。

長い子だと2歳を過ぎても母乳を飲んでいて、精神安定剤にもなるらしいということを友人から聞いていたし、できる事なら1歳までは続けたかったけど…今よりもっと年をとってからの自分のカラダの事を考えて諦めました。

骨の痛みの他にも、理由はありました。

育児タスクに「離乳食作り」と「食事介助」が増えるこの時期に、母乳量維持の為の頻回授乳+粉ミルクの調乳+哺乳瓶の消毒を引き続きやっていくのは大変すぎるという事。

そして、実家が遠方で頼れない状況なのに無理はできないなという事。骨の痛みとあわせてこの3つが半年での卒乳を決めた理由です。

卒乳から半年経った現在は骨のキシキシするような関節の痛みはなくなっています。

まとめ「渦中」じゃないから思う事

卒乳からさらに半年が過ぎた今、授乳を頑張っていた頃を振り返って思うこと。

それは、完母になれなくても自分なりの「混合育児」を頑張ってよかった。ということと、母乳を増やす為の食事についてはもっとやれる事が合ったかもしれない。ということです。

痛みに負けてミルクに切り替えていたら後悔が残ったと思う

母乳かミルクか混合かという話題はとても繊細なものであって、持病などで服薬が必要だったり、体質や個人の考え方などの事情があってミルクで育てる方もいます。

なので私自身決して「完ミ」を否定するわけではないし、完母にこだわりを持つわけではないので、そこは誤解のなきようお願いしたいんですが、母乳を諦めろといわんばかりに身体的にも状況的にも不利な条件が揃っていた私でも諦めなくてよかったと思います。

諦めていたら、知らなかった世界がそこにはあったから。

そして、人間都合のいいようにできているので古い記憶は美化される事が多いですよね。

私の母が大変だった育児を「もう忘れたわ」といってのけてしまうように、私の記憶が同じように風化した時に残るのが、「キツかった記憶」より「幸せだった感覚」だといいなと思うのです。

もしも痛みに耐えきれず途中で止めていたら、「幸せだった感覚」のほうが記憶として残る可能性はゼロになってしまいますよね。

実際すでに風化しかかっている、卒乳から半年後の現在は「幸せだった感覚」のほうが強くなっています。

母乳が出にくい人の食事と桶谷式について思う事

※私は栄養士でもないし医療関係者でも専門家でもないので、以下はただの個人の意見として読んでください。

実家に頼れないワンオペが始まった生後3ヶ月頃から、私と夫の食事は「宅食サービス」を利用していました。

頻回授乳に多くの時間を割いていたこの時期に宅食サービスはとてもありがたい存在だったし、これが無かったら寝不足が続く乳児期を乗り越えられなかったんじゃないかとすら思います。

ただ1つ失敗したかもしれないと思う事があって…それは食事の内容まで詳しくリサーチしてサービスを選ばなかったことです。

宅食サービスについては知人との付き合いの都合があり、実質自分でどのサービスにするかを選べませんでした。

私たちが利用したのは「ワタミの宅食」だったのですが、献立は年配の方をメインターゲットとした和食中心のメニュー。

授乳の時期に良いとされる「まごわやさしいこ」をしっかり摂取できて、脂肪分も少なくて、メインディッシュはお肉より魚のほうが多めだったので、おかげで乳腺が詰まるトラブルは少なく済み、高熱が出るような乳腺炎にも無縁でした。

なので当時は「授乳期にちょうど良かった。」くらいに思っていましたが、今思えば年配の方にちょうど良い献立では、授乳中の女性には栄養が足りなかったのではないか?と思うのです。特にタンパク質…。

もしか、もう一度授乳をすることがあるならば、次は授乳期の栄養価を満たす献立の宅配サービスを利用するか、ワタミの宅食にサラダチキンなどの低脂肪な動物性タンパク質をプラスするかを検討すると思います。

桶谷式の母乳相談室に数回通って思ったのは、桶谷式の勧める「まごわやさしいこ」の食材をバランスよく摂取し、脂肪分や糖分の多い食材を避けよ。というのは、母乳が出過ぎて乳腺トラブルになりやすい方用のものなんじゃないか?ということ。

実際桶谷で居合わせた、私以外のママさん達はみんな母乳が出過ぎる事による乳腺炎やしこりのケアに通っていたようでしたし。

なので、わたしのような母乳が出にくい体質の人が、母乳が出過ぎる人と同じ食事法を気にして粗食にしてしまうと、逆に母乳量が増えずに悩む事になってしまうのではないか?と思ったのでした。

実際、食事で母乳の量グンと増えたことが数回あって、入院中に豪華なお祝い膳を食べた直後と、ワタミの宅食に飽きてステーキを食べに行った時などでした。

ステーキの時は食べた直後からめちゃ母乳が増えるのがはっきりわかるくらい胸が張ったものの、同時に乳腺も詰まって詰まりを治すのが大変でした。

これらのことから、低脂肪のササミやムネ肉を中心に、もっとお肉を摂取するべきだったんだなという自己分析に至ったのです。

当時は、乳腺炎が怖くて牛乳も飲まないようにしていたけど、後半は関節痛に悩まされたことから、低脂肪乳を少量くらいは飲んだ方がよかったのかもしれません。

終わってから気がついても検証のしようがないししょうがないんですけどね。

以上、超苦戦した混合育児スタートから卒乳までの振り返りでした。

私がリアルタイムで悩んでいた時はいろんな先輩方のブログを見て励まされたり参考にしたりしていました。なので、コンプレックスなことではあるけれど「今度は私の番」と思ってツラツラと書き綴りました。

今まさに母乳量が増えなくて悩んでいると言う方がいたら、食事の栄養が足りているかどうか、乳腺の詰まりを恐れて粗食になり過ぎてはいないか?ぜひ見直してみてくださいね。

関連記事
混合育児ママの外出時に便利なアイテム!Brica EZスナック&ドリンクホルダー
お出かけ中のミルク作りの時に「台が欲しい!」と思うことが多かった混合育児の私。買ってよかった育児アイテムのひとつが「brica EZスナック&ドリンクホルダー」でした。本来の使い方とはちょっと違っていますが、その使い勝手についてご紹介します。
帝王切開後の母乳スタートはやっぱり不利?混合育児に落ち着くまでにやった事
帝王切開後は母乳が出にくいらしい… 逆子が治らなかったため、私は帝王切開での出産になりました。 同じく帝王切開経験者の姉からは… 帝王切開はおっぱいがなかなか出ないからしんどいよ〜。 とは...
帝王切開後のお宮参りは正直しんどい。術後1カ月半の回復具合や当日のスケジュールをレポート
帝王切開後の傷はまだ癒えていなかったけど、1カ月半後にお宮参りに行きました。想定外に辛かったことややってよかったことなど、その時のことをレポートします。 手術方法や傷痕のこと わたしは逆子による予定帝王切開で横切りでした。15c...
【レビュー】帝王切開の傷に半年「レディケア16」でケアした使用感をレポートします【口コミ】
かぶれやすく絆創膏でも痒みが強く出てしまう体質の私でも半年間帝王切開後の傷のケアに使え、無事ケロイド化を防ぐことができたシリコン製のシート「レディケア」をご紹介します。
この記事を書いた人
みずたま

2歳の娘を育てる主婦。
就活と保活の同時進行ができずに失敗後、3歳から働く事を目標にじわじわ準備を進めたり休止したり。
共働き子育てに向けて心の準備や理想の暮らしについて模索しています。
このブログでは、子育てのことを中心に自分にとってちょうどいい暮らし方を追求したことを備忘録的に書き綴っています。

みずたまをフォローする
Rakuten room
ブログで紹介した愛用品や気になるアイテム Rakuten Room

連載中漫画
新型コロナワクチンで心筋炎?心臓痛、息切れ、動悸になった体験談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子育て母乳のこと
スポンサーリンク
みずたまをフォローする
Lagom